何となく好きに書いている事があります。たまに削除、更新。
◆管理人:fennelとなってますが、Jeweと名乗る事の方が多いです。
変更するのが面倒なのでこのままです。fennelは島名にでもします。
◆箱歴:最初は、うろ覚えで「ラジオニア」?っぽい名前の;;SOLD OUTというCGIゲームが主体の大きなサイトの
片隅に設置してあった箱庭の、せかせか諸島という平和系の箱庭にいました。(平和系なのに荒らしとの戦闘が絶えず)
以降、ばかみたいに色んな箱庭で生息してました。数えきれません。。。主に戦争系で、自由系は苦手です。
その中の閉鎖した某サイトが楽しかったので、似たような箱庭サイトを作れないか?と思ったのがサイトを設置したきっかけです。
かなり違ってしまいましたが、面白そうであれば自分も好きな時に遊べる場所が欲しかったですし。
しかし、自分のサイトでは本当の意味では楽しめないんだな。と正直な所思っています。
しかも、ばかみたいに続けて来ただけに、いいかげんプレイするのは飽きてきたというのも本音です。+リアルも忙しさが増す一方。
でも、運営側から、皆さんが右往左往してる様色んな人のプレイを見るのは楽しいのです。おそらく暫くは運営すると思います。

自分が箱庭にのめりこんだのは、ネットの向こうの誰かさんと、バーチャル感が楽しめたからですが、 最近は、そんな感動をする機会は殆ど無くなってしまいました。
頼りになる仲間、猪突猛進な仲間、論争が得意な仲間、何があっても信念を貫く仲間、天然なお笑い的センスのある島主さん等、プレイスタイルがワクワクする人に沢山会いました。
本当に面白かったなあ♪ 私が箱庭に求めているものは、なんて言うか「ご近所付き合い」ではなく「冒険」だったりします。 
個人的には、箱庭(戦争系)は障害・壁があってこそ生き生きするゲームだと思っています。
その障害を邪魔だと考え始めると、こじんまりと纏まってしまう。且つ大抵の場合飽きてくる人続出だと思います。
確かに、品行方正に紳士に戦争をする試合的なスタイルもいいと思います。
が、先が読めてしまいます。私なら飽きてしまいます。
いつ、何が起こるかわからない、何かが起きて展開が読めない。このスリル感がたまらなかった時代が懐かしいです。
そういう箱庭ができるように、当サイトのローカルルールは、あんな感じになっているのです。
最後に補足している文章についても、リセットさせる行為が駄目なのではなく、ゲームが偏って成り立たなくなるならリセットさせるだけで
(当サイトの)戦争系の通常箱では、むしろそこまでやってくれてもいいんだよ?という意味でもあります。
ただ、念のために言いたいのは、どんなプレイをするにしても当箱庭に参加しているなら、どういう過程での参加でも 当箱庭の参加としてプレイをして欲しいという事です。先が読めてしまう事と差別が生まれてしまいます。 自分に権利があるなら、相手にも権利があります。自分に自由があるなら相手にも自由があります。

大きい同盟が存在すると箱庭は衰退するのか

長く戦争系でやってる人は必ず耳にするのではないでしょうか。
かつて某サイトで一部の同盟が巨大な同盟になった時、私もそう思っていたうちの一人でした。
しかも、その同盟は専守防衛で、数により防衛を固めていました。
そこで私が所属していた同盟は、その同盟に戦争を仕掛けるべく計画を立て、実行。
結構いい勝負で盛り上がりました。数の上ではこちらが大分不利で決して勝ちだった訳ではなかったです。むしろ負けだったかも。
似たような事は、他のサイトでも経験しています。
結論は、大きい同盟が存在すると箱庭は衰退するのではなく、それを理由にして動かない事が箱庭を衰退させるのだと思います。 少なくともその障壁が出来る事で、何かを起こすきっかけとなりえているのではないでしょうか?
どんな同盟にしろ、仲間同士の交流は生まれやすくなります。その交流が信頼関係となり皆で何かを始めるきっかけとなります。 逆に、個人の戦争主体の箱庭は、だんだん動きが単調になり、飽きて辞めて行ってしまうような気がします。 確かに、箱庭の参加数も関係はしますが、それよりも人と関われば何か面白い事があるかもしれませんね。
ただ、ここで例にした対峙した大将、、それをきっかけに多重荒らしへと変貌し占領を始めた事は全く論外でしたが。 (いやもう、バレバレなログと凝った小芝居と最後は開き直りの多重宣言でしたので) それでも、閉鎖になるまで共に戦った仲間は面白くて楽しかった思い出があります。 後にその荒らしさん、、、別の放置サイトで私と私の仲間の名前を騙って似たような帝国を作って多重していたという 訳の分からないオチですがw

シミュレーションゲームと私。

箱庭やっててあれですが、、、私はシミュレーションゲームは苦手です。むしろ嫌いです。 でも箱庭は、島の開発シミュレーションゲームなんですよね。 苦手な私が何故はまってしまったか。上でも書いた通り、人とのバーチャルな繋がりがあったからです。 だから、あくまで単純な箱庭が好きであって、複雑に凝った改造がなされたものは やる気になりません。やろうとした事もありますが拒絶反応しかありませんでした。 (国盗りは複雑な部類には入りますが、戦国が背景にあって攻撃に特化されている所が私にははまりました。殆どは名称を覚えてしまえば、あれがやれないからゲームが進められない、、等の事態は起こらないと思います。) イベント系も、開発者の設定したままの初期設定が好きですし、細かい事をなるだけ考えずに戦いに挑むというやり方が一番やってて落ち着くのです。 多分、シミュレーションゲームが好きな方は、より改造された方が好きなのかもしれませんね。ひとつの箱庭がどんどん飽きられて、その都度、改造が繰り返される事も多かったと思います。 ですが、より複雑な箱庭、、、例えば、お座敷箱庭や箱庭諸島MI(でしたっけ)は、複雑になるがあまり戦争系であっても平和になる傾向があり。。。と、どこかで読んだ事があります。 私も、それは納得なんですよね。。。あまりに複雑に、あまりに攻撃が強力になれば、戦いを挑む事も抑制されてしまっても不思議ではありません。 個人的には、あまり攻撃方法や防衛方法が複雑化せずに、あくまで個人の行動主体の方が楽しくゲームができます。
(ですから…絶対面白いからと参加勧められても、すでに何度かやろうと試みて、、どうしてもつらくて仕方ない域だったり…て事が多いので、、、何故ずっと参加しないんだろう…って時は、そっとしといて貰えると嬉しいです笑・なんかね、、場合によっては、はっきり言うと悪いのかなって、それが当事者に聞かれると悪いのかなって。。。時が…ごにゅごにゅ。。。ほんとにシミュレーションゲームは駄目なんです泣)

ほぼ箱庭引退ですwほとんど箱庭から心が離れてしまいました。またやる気になったらって所です。(時々サイト内の巡回はしています)
あと、近々注意事項を追加する予定です。ええと、、、随分前からの予定ですので、特に特定の出来事に合わせてる訳ではございません。て事で。
結局、ルールはお互いに不快にならず、純粋にゲームが楽しめるようにっていう目的で作ってます。ルール自体が不快なら参加しない方がいいです。良識の部分の取り違いがトラブルを生みます。箱庭の攻撃をどう捉えるかは、攻撃ですから、、、色んな考え方をする人がいて当然です。箱庭は最初は戦争系とかの区別はなく、そこから戦争系や平和系、、、と分かれてたという意味を少し考えて頂ければと。うちは自由系箱庭ではありません。何でもありの戦争系では不公平・理不尽、そんなの当たり前です。なければ平和系ですよ。逆にそれがあるから行動を考える醍醐味があるんですよ。自分ルールも間違いではないです。それによっての対策を考えればいいだけなのに、自分が正しいと思うがあまり、相手を見下している。そんな光景が多すぎです。もっとローカルルールをちゃんと読んで、不明な点があれば、管理人に掲示板で質問して欲しいのです。

正直、当事者じゃなくて傍観者であっても不快な気分になり、ゲームに立ち入るのが嫌になった。それが一番の箱庭から心が離れた理由かも。もちろんそんなものは最初からあった事です。が、以前はそれよりも面白い事が色々あったので(笑)私にとっては潮時なのでしょう。。元々、このサイトは、過去に参加したサイト(早くに閉鎖になってます)で、全体的に…あまりのプレイヤーの潔さっぷりに惚れ惚れしまして。。。それで作ったようなものですw とはいえ時代が時代、、というのもわかるので、そこまでは望んでいません。    実際、このまま遊。は衰退したら休止して、いつか見直しをして復活するかもしれません。それでも、参加したい方がいれば稼働させます。(…多分)

ちょっと付け足し。。箱庭は、参加者次第、、、例えばですが戦争系で戦争したくないというのも、間違いではないです。間違いも正解もない。全員が平和に過ごしたければ平和になります。逆なら(略)         コミュニケーション部分の話をしますが、(もちろん内容によるでしょうが)「その意見が多いから正しい」「誰かが賛同したから正しい」…果たしてそうでしょうか? そこで発言しているのは全体からすれば何%だと思いますか?とくに狭いコミュニティでは、そういう群集心理に流され行動してしまいます。同じ意見だと思っても、実は同じ考え方をしている所に集まってたり、または流されたりします。(私の話をすれば主に集団攻撃派と対峙する少数派でした。仲間も同じ考え方が多く集団派とは違った意見が多い。そんな人が自然と集まる傾向はあると思います)流された結果、少数意見を間違いだと集団で叩く事も起こります。それは目線が自分が上になっているからではないかなと。自分と相手を同等に見る事はネットマナーの基本だと思います。

元々、戦争系の中でも「何でもありルール」であるという区別。箱庭の中でも戦争系や平和系の区別のない(いわゆる自由系)箱庭との区別をつけたかった上でのルール設定でした。 (一時期はそうなっていたと思う)自分に合う箱庭でやった方がいい場合もあります。私が自由系が苦手なのは、何でもありの戦争系で好きに攻撃する事やされる側のスリル感が楽しくてはまってしまったからです。何をしてもトラブルになってしまう事をもどかしく思う人も必ずいます。とはいえ、管理からの干渉があまりあっても楽しくないかもしれないと考えていました。しかしどうせ末期状態なら同じかなと、少しばかり開き直らせて頂きます。他と同じ箱庭なら、わざわざ当箱庭を選ぶ理由ないと思います故。どっちにしても終わる時は終わります♪
確かに、昔はそんな箱がたくさんあったので、わかりやすかったと思います。猛者も沢山いましたし、今はイベント系が主になってるので、公平である事が常識になりつつあるんでしょうか?プレイ中色んな考えかたがあってこそ、ゲームは生きると思うのですが。。
※注意:記事中あちこち個人的な主観によるものです。