指南書:予備知識として最低限あった方がいいと思われる事を何点か記載します。【追記あり10/10記念碑発射/4行目補足】
参考にして下さい。。  内容はまた追加するかもしれません。
虎の巻を読んでわからない事は国盗り物語専用掲示板で質問して下さ い。


どういう箱庭か
簡単に言えば、陣営戦である帝国の興亡を戦国色を強くした改造版だと考えていいと思います。
ただし、『陣営への100%の忠誠はシステム上強制していません。 』
プレイヤーは、まず陣営である御家中のどこか(例えば蛎崎家など)を選び
所領(島)を作ります。
他の所領を潰し、潰された島は浪人になりどこかの陣営に志願をして登用されれば
そこの陣営に加わります。(潰された陣営に加わった方が貢献度の減少は無く有利です)
そこで優勝を目指すも良し。自分の陣営の所領が残っていれば復帰も良し。陣営消滅の場合は独立して御家再興も良し(難易度は少々上がります)
見た目は、画像や名称が違うので(マニュアルには普通の名称も補足しています)難しく見えますが、基本的な開発は普通の箱庭とあまり変わりません。
実際にやってみた方の大半からは面白いとの感想を頂いていますので、一度ぜひ参加してみて下さい。
(これの本家での開催はとても流行ってるように見えました)


■寺社接収で貯金!『〜貯金を使う!』という表現が妥当ですね!
浪人時に寺社(記念碑系)へ寺社接収をすると資金が入ります。
浪人の間だけしか実行できませんが、資金が余ったら寺社を作っておくのも手です。
大半は浪人に落ちた時は資金難に陥ってますので
この貯金を生かして一気に復興が出来るかもしれません。
しかも、寺社(各種)はミサイルでは壊されません! (陸破はどうだったかな?壊れた気がします)



■高収入なら遊郭!

人口によって収入が変化しますので序盤に手を出すのは考えものですが
中盤から終盤にかけてお得な収入源です。 (人口により収入が変動するので、序盤はコストがかかりすぎます。)



■鉄砲隊(ミサイル基地)は使える!

忍軍(海底基地の)火力は最大で5。対して鉄砲隊(地上基地)の火力は最大10です。
つまり忍軍(海底基地)だけの時より、鉄砲隊も配置すれば
すごい火力になるかもしれません! 
しかも重ね配置(ランダムで1〜10)できますよ〜!  最終的に100〜300発になる事もあります。



■とにかく火力を増やした方が有利!

なのは言うまでもありませんが、1ターン内で複数の相手に攻撃を加える事が出来る事や、防衛力も半端無くなる事もあり、
火力を増やしましょう。 
※ただし、発射可能数の範囲内です。どこに何発入れるか考えて割り振りましょう。



■本城はもっとも重要な施設!

収入源はもとより、本城も壊されると所持できる資金の上限が激減してしまいます。
つまり…本城の数により所持出来る上限が決まるので、
本城が全くない状態なら3500両しか所持できず、溢れた分は捨てられてしまいます。(食料も同じく)



■記念碑発射のシステムが通常の箱とは少々異なる。記念碑発射=反撃の烽火 です。
記念碑系(寺社の項目)の「古代兵器」を飛ばす事により実行できます。
※古代兵器は 寺社建設(数値指定5)で建設。 もしくは浪人時に探索(無料)で見つける(1/3の確率)。
※飛ばし方も通常の箱とは異なり、『反撃の烽火』(無料)で飛ばします。
画像



■武将<譜代<一門と、属性により収入が変動します。
(武将、譜代、一門 を、属性と呼ぶ)
『9.属性について』参照。
例:水田=武将1倍、譜代2倍、一門3倍



■その他
鉄砲隊(地上基地)や忍軍(海底基地)のレベル、支城(防 衛施設)の耐久力。
これらは攻撃時、そのレベル(耐久力)分だけ減って行き0になると壊滅します。
レベル上げは、その意味でも大事です。

支城は重ねて建設すると、、、、爆発します。ご注意を。


勘違いさんが多い所なんですが、開始時は全員『Lv.2』 からのスタートですので1ターンに2つコマンドが進みます。
停戦期間は1更新で2ターン進みますから、4つ分のコマンドを入れる必要があります。 入れ忘れに注意しましょう。


追記】
水田(農場)などの数量を指定して規模を増やすコマンドは、1ターンにひとつずつ進むのではなく
一気に全部進みます。  なので、繰らない手段にはできません。  (だった筈です;)

履歴
【追記あり9/26上と下部2点】
【追記あり10/10記念碑発射/4行目補足】